きになるチアシードのカロリーは?

チアシードはタンパク質やミネラル、オメガ3脂肪酸、必須アミノ酸など豊富な栄養を含み、それと水があれば生きていけると言われるほどのスーパーフードです。
摂取量は大さじ1杯が適量と言われ、一日に必要な栄養素の半分が摂取できると言われていますが、やはり気になるのがカロリーです。
品種にもよりますが、乾燥状態のもので100グラム当たり500kcalでハンバーガー1個分ほどに相当し、カロリーが高いと思いがちです。
ただし適量である大さじ1杯は50kcalほどですので、それほどオーバーにはなりません。
カロリーを気にするより、食べ方に気をつけてみましょう。
チアシードは食物繊維が豊富で水分を吸収しやすく、水を含むと10倍以上に膨らみます。
しっかり膨らませた状態で食べないと胃や腸の中で水分を吸収し、胃もたれや便秘を引き起こすこともあるので注意が必要です。
また豊富に含まれるオメガ3脂肪酸は熱に弱いため、加熱すると成分が壊れてしまいます。
水分で膨らませたものを冷たいままヨーグルトに混ぜるなどして食べるがおすすめです。
食物繊維が豊富ですので、少しぐらい食べ過ぎても余分なものは排出されてしまうので、あまり気にしすぎることはなさそうです、
腹持ちもよく、匂いも味もないので他の食品とも合わせやすいチアシードですが、あくまでも栄養補助食品です。
普段の食事の栄養バランスを考えながら取り入れていきましょう。
普段の生活に上手に取り入れて健康的にダイエットしましょう。