ワキガはいつから発症するのか?

ワキガは遺伝による体質的なものです。普通の汗の出る汗腺ではなく、アポクリン汗腺という汗腺から出る汗と皮脂が混ざることで不快な臭いを出してしまうもので、このアポクリン汗腺の量が多いとワキガ体質ということになります。そしてこのアポクリン汗腺の量は生まれつき決まっているものなのです。しかし、赤ちゃんの時にワキガ臭がすることはありません。いつから臭い始めるのかというと、第二次性成長期です。この時期はホルモンの分泌がとても多くなる時期です。そして、それによってアポクリン汗腺の動きも活発化してしまうのです。ですから、いつからということになると、多くは小学校高学年くらいから発生するものです。しかし、第二次性成長期は人それぞれ時期がずれることや、食事の欧米化によって思春期の訪れが低年齢化していることもあるので、ワキガ発症がいつからということは一概にいえないということになります。わきが治療口コミを見てみると、小学校で発生してしまうと自分でどう対処していいかわからないことや、その仕組みについて理解できないこともあるので、親のサポートがとても大切です。臭いは周囲の人に感じられてしまうものだからです。清潔を心がけ、ワキガ専用のクリームでのケア、食生活の改善などが良い方法です。ワキガは遺伝的要素の多いものなので、親がワキガの場合には子供の様子はきちんと見ていくことが大切です。それはいつからというと、小学校中学年くらいになったら、服の脇部分に黄ばみはないか、臭いがしないかなど子供を傷つけないように確認して対応していくことです。